2016年4月7日更新

タグホイヤーといったらこれだった、懐かしいS/el (WG111A)

706 views

2000年代中頃よりタグホイヤーの主流モデルは“カレラ”シリーズとなりましたが、それより以前のタグホイヤーのメインはこれ。S/elです。当時、電車の中でもコレをしている人が多かった多かった。その頃のタグホイヤーのラインナップってS/elとか2000とか6000でステンレスブレスレットの防水時計しかないという状況だったのです。2000年頃まではそのラインナップを強化させていくという戦略全開で、その手の新作「キリウム」なんてのも投入されていました。今でこそメインのカレラは、「クラシックシリーズ」という変わり種モデル扱いで、モナコと合わせても5種類ぐらいのラインナップしかされていなかったのです。

時計名 状態 2015年2月の最安値(ヤフオク) 所有期間 2016年4月の最安値(楽天) 値上がりした額 利回り
タグホイヤー
S/el (セル)
青文字盤、クオーツ
WG111A
中古 ¥40,000 ¥49,800 ¥9,800 N/A
タグホイヤーといったらこれだった、懐…の次ページを見る>>
1 2
- PR -