腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
初めての方へ 腕時計を探す 腕時計投資新聞
2015年9月14日更新

いつ評価されるか、ホイヤーカレラ1964

1,188 views

高級腕時計ファンなら1本は持っているだろうこの時計。ドーム型プラ風防、”ホイヤーロゴ”、レマニアムーブメント、35mmの今となっては小ぶりなケース。機械式腕時計の旨味を凝縮した時計です。「復刻版はこうでなくちゃ!」と言わせんばかりの素晴らしい時計。忠実に1964年版のカレラ、しかも数あるカレラの中でも美しいモデルを選定して復刻しています。この1964年の復刻版が”現行モデル”だった1996年〜2001年頃、正規品の定価25万円(税別)に対して新品並行価格は20万円を切っていました。そしてその当時から中古は15万円前後という相場でした。つまり、ロレックスから始まった時計ブームによりほかの時計価格が高騰するなか、これだけ良い時計でありながら全く価格の影響を受けていないのです。

ちなみに、確認した最安値は2007年11月ですが、同じ2007年に15万円で取引されているのでたまたま誰かが11万5000円で販売した、というイレギュラーな価格だと思って良さそうです。

2007年10月=150000円
2007年9月=150000円
2007年11月=115000円(最安値)

さて、腕時計投資的には利回り0%のこの時計。

ずっと値上がりしていないので、今後も上がる可能性があるとは言い切れません。

しかし、新品で30万円以上もする今の「タグ・ホイヤーカレラ」を買うぐらいなら、絶対こっちを買ったほうが良いでしょう

1本目の時計を買うときに「新品が良い」という方が多いのは仕方がありません。

ただ、2本目に機械式の高級腕時計が欲しくなった場合、これ以外に良い選択肢があるでしょうか?

これほどよい時計でありながら、1999年から価格変化が無いホイヤーカレラ。
白文字盤と黒文字盤、さらにイエローゴールドモデルまで、全種類揃えたくなってしまいます!

この時計が登場した1996年頃、タグ・ホイヤーの主流モデルはS/el(セル)という、
クオーツムーブメント搭載&ステンレスブレスレット搭載のモデルでした。

つまり、このカレラとは似ても似つかないラインナップばかりだったのです。

それがこのカレラの登場により2000年代中頃よりタグホイヤーの主流はカレラシリーズへと変化を遂げます。

しかし、現在のカレラ。
あまり良いとはいえません。

この復刻版カレラを企画した方は他のブランドに転職してしまったのではないでしょうか。

- PR -