腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
初めての方へ 腕時計を探す 腕時計投資新聞

40mmは高級志向モデル、ルミノールマリーナPAM00048

1,404 views

パネライのリファレンスは、少しの仕様違いでリファレンスが異なるため便利です。

例えばこの40mmルミノールマリーナの場合、ストラップのタイプと文字盤の色によってリファレンスは全て異なります

同じ年に登場したモデルでも

  • PAM00048 革ベルト 黒文字盤
  • PAM00050 SSブレス 黒文字盤
  • PAM00049 革ベルト 白文字盤
  • PAM00051 SSブレス 白文字盤
  • と4つもリファレンスが存在します。

    そのため、リファレンスを見るだけで差が分かるため、ブルガリやロレックスと比べて相場が分かりやすいというメリットがあります。

    他のブランドであれば革ベルトかSSブレスレットかの差でリファレンスが違わない場合が多いですが、革ベルトよりSSブレスの仕様のほうが5万円から10万円ぐらい高いというのはどのブランドでも同じこと。

    実際PAM00048とPAM00050も現在5万円程度の相場差があります。

    しかし、このリファレンスが違うというのが、逆にモデルをわかりづらくさせる場合もあります。

    パネライのように、似た見た目でリファレンスがたくさんあると、ひと目でモデルの共通性が分かりづらく、なんだかラインナップが無数にあるようにも思えます。

    特に今、40mmのパネライという存在はハッキリしない印象だと思います。

    かつてはオートマティック搭載モデルとブレスレット仕様は40mmにしかありませんでした。

    そして、

    手巻き44mm<自動巻40mm<ラジオミール

    という順だったため、40mmのルミノールマリーナは革ベルト仕様でも「少し高級」というイメージ。

    購入する際に“パネライらしい44mmにするかフォーマルな40mmにするか”と迷う楽しさがあったのです。

    実際、44mm手巻きのルミノールマリーナのバックルは通常の留め具なのに対して、この40mmにはDバックルが採用されています。

    しかしその後は、44mmにもブレスレット仕様やDバックルが装着されたりするなどして、今となってはこの40mmであるPAM00048のキャラクターは謎という印象でしょう。

    しかも面白いのは、このPAM00048、なんと2017年現在でも現行という超長寿モデルなのです。

    この記事の個体はC番(2000年製造)ですが、同じくC番のパネライが古き良きパネライとして注目されるモデルもあるなか、このPAM00048はC番でも現行モデルとの大きな差は文字盤における「PANERAI」表記上にある「Automatic」の有無に限られるでしょう。

    このような事情のためかこのモデル、あまり注目されないため、2012年の相場と比較して値上がり額は10万円以下にとどまっています。

    現在相場の約38万円という額はパネライとして最も安値に位置し、同じく2012年に25万円前後だったルミノールベースと同水準なのです。

    オフィチーネパネライルミノールマリーナ40mmPAM00048の相場比較

    時計名 状態 2012年11月の安値(ヤフオク) 所有期間 2017年1月の安値(楽天) 値上がりした額 利回り
    オフィチーネパネライ
    ルミノールマリーナ
    40mm
    PAM00048
    中古 ¥312,900 4年 ¥388,800 ¥75,900 6.06%
    40mmは高級志向モデル、ルミノール…の次ページを見る>>
    1 2
    - PR -