腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
初めての方へ 腕時計を探す 腕時計投資新聞 相場情報

評価されている存在、パテックフィリップカラトラバ3998J

最近「パテックフィリップといえばノーチラス」というイメージになりつつありますが、かつてはパテックフィリップといえば、この3998のようなシンプルな時計という印象でした。

3998は90年代前半に生産された個体が多いモデルで、自動巻ムーブメントを搭載した上級なカラトラバ。

センターセコンドの3針とデイトというシンプルな組み合わせで、キャリバー315を搭載するモデルでよくみられる構成です。

センターセコンド+デイトのキャリバー315といったら、かつてカラトラバより遥かに安く売られていたアクアノートやネプチューン等でも採用されているため、特にレアさを感じることのない仕様ですが、カラトラバの場合、自動巻は比較的レアなモデルとなっています。

カラトラバといえば96シリーズというように売れ筋モデルは手巻きモデル。自動巻モデルはそれより高く、さらに有名モデルもあまり無いため、何かと選択されない傾向があるのでしょう。

ですから自動巻のカラトラバは中古相場でも手巻きモデルより高い傾向があるのです。

実際、同じ時代の3796は今でも80万円台で手に入るのに対し、この3998は129万8000円という価格です。

そしてもう一つ3796と3998には大きな違いが存在します。

それは、3998がとても値上がりしているという点です。

パテックフィリップカラトラバ3998Jの相場比較

時計名 状態 2011年5月の安値(ヤフオク) 所有期間 2017年10月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
カラトラバ
3998J
中古 ¥722,400 6年 ¥1,298,000 575,600 179.68%
評価されている存在、パテックフィリッ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -