腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
初めての方へ 腕時計を探す 腕時計投資新聞 相場情報

高価格帯モデルでも1年で30万円の値上がり、ヨットマスター2 116689

ありとあらゆる実用性を考慮して、コンプリケーションモデルを長らくラインナップしてこなかったロレックスオイスター

唯一デイトナのクロノグラフ機構は、パテックフィリップではコンプリケーションとなる仕掛けですが、バルジュー7750などクロノグラフ専用ムーブメントの開発は意外とポピュラーなものです。そのため、クロノグラフは3針並に一般的な存在ともいえるため、コンプリケーション扱いされない傾向があります。

そんなロレックスに転機が起こったのは2007年のこと。

通常のクロノグラフではなく、レガッタクロノグラフというコンプリケーションとみなされる機構を搭載したモデル、ヨットマスター2が登場したのです。

ヨットマスター2は44mmというロレックス最大サイズという点も驚く要素でありますが、最高級モデルであるがゆえにその価格の高さにも大きな存在感がありました。

デビュー当初は金無垢しかないというのはヨットマスター(1)と同様ですが、それら3針モデルと比較して、だいぶ価格が高かったのです。

今でもそれは同様で、ヨットマスターの金無垢モデル16628に対して、2の中古相場は300万円以上という水準。

そして、ヨットマスター2はこれだけ高価格帯に位置する存在であるにもかかわらず、約1年という間に30万円以上の値上がりを果たしているのです。

ロレックスヨットマスター2116689の相場比較

時計名 状態 2016年11月の安値(楽天) 所有期間 2017年10月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
ヨットマスター2
116689
中古 ¥2,700,000 1年 ¥3,039,600 339,600 112.58%
高価格帯モデルでも1年で30万円の値…の次ページを見る>>
1 2
- PR -