腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

初代8DAYS、オフィチーネパネライラジオミールPAM00190

「8 DAYS」といえば今やパネライを象徴する性能で、自社ムーブメントモデルの多くが8 DAYS仕様となっています。

今では珍しくない印象の8 DAYSですが、出た当時は物珍しく、とても話題となった経緯があります。

通常、機械式ムーブメントのパワーリザーブ2日程度。それを8日に伸ばしたのですから、“特徴ある高機能性”として印象に残ります。

しかしデビュー当初は、この8 DAYSというものに対して、さらに“特徴”となる要素を感じることができました。

それは、2000年に登場したパテックフィリップの10 DAYSという存在が、パワーリザーブ長期化 = 高級」という印象を与えていたからです。

10 DAYSのゴンドーロは、2000年に限定モデルとして登場し、その実勢価格は数百万という水準。

当時は10 DAYSという目新しい性能とともに、グランドコンプリケーション級の新作として注目を集めていた経緯があるのです。

このPAM00190が登場したのは、10 DAYSの4年後ですが、まだパテックフィリップ10 DAYSの印象が強烈だったため、なにかと注目されたのです。

という絶妙なバランス感から、「頑張れば手の届く、特別感のあるパネライ」として、注目される存在でした。

そして、この時計にはその他にも重要な要素があり、それはジャガールクルトのムーブメントを搭載しているという点。

このPAM00190は初代8 DAYSモデルだけあって、登場した際8 DAYSにばかり目がいってしまい、JLCムーブメントを搭載したパネライということには、あまり注目が集まっていませんでした。

とはいえ、JLCムーブメント搭載ということを忘れていたとしても、高級なモデルという印象に変わりはないため、デビューした2004年当時から長らく“高価格帯のパネライ”という印象です。

 

オフィチーネパネライラジオミールPAM00190の価格比較

時計名 状態 2011年4月の安値(ヤフオク) 期間 2017年10月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オフィチーネパネライ
ラジオミール
PAM00190
中古 ¥698,000 6年 ¥977,100 279,100 139.99%
初代8DAYS、オフィチーネパネライ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -