腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

やっと40万円台になった、ロレックスエクスプローラー14270

エクスプローラーの14720といえばまさにロレックスブームのきっかけを作った時計です。

キムタクがドラマでこの時計を着けたこときっかけで人気に火が付き、2000年に生産終了されるまで、定価を上回るプレミア価格で販売されていました。

その頃、プレミア価格のロレックスはデイトナ16520とこの14270しか存在せず、これら2モデルが人気の代名詞的存在だったのです。

また、14270は当時の新品実勢価格や中古価格における序列(ステンレス)はデイトナに次いで2位

本来エクスプローラーより高級であるサブマリーナデイトよりもGMTマスター2よりも高かったのです。

しかしそんなエクスプローラーは2000年代後半になると、スポーツロレックスのボトム価格に位置。

定価を見るとこれが本来の位置であるのですが、2000年前後の人気からすると驚く事態でした。

そして、リーマンショック時には中古相場が20万円台前半という額まで下落。

それまでの常識では考えられないほど安くなっていたのです。

とはいえ、2013年以降は他のロレックスと同様にエクスプローラーの相場も上昇。

相場はきちんと回復し、20万円台前半だったのが30万円台後半に復活。

けれどもその後、エクスプローラー14270の相場は長らく変わることはなく、2015年頃からずっと30万円台後半という位置にいたのです。

そんな14270ですが2017年11月の今、やっと価格変動が発生。

ついに相場が40万円台に突入したのです。

ロレックスエクスプローラー14270の価格比較

時計名 状態 2017年7月の安値(楽天) 期間 2017年11月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
エクスプローラー
14270
中古 ¥378,000 0年 ¥428,000 50,000 113.23%
やっと40万円台になった、ロレックス…の次ページを見る>>
1 2
- PR -