腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

A番は100万円台に、GMTマスター16700

2017年夏過ぎから、5桁リファレンスのGMTマスターシリーズ(16710,16700)は値上がり傾向となっている模様です。

16700と16710は、かつて最も人気の無いスポーツロレックスという不名誉な存在でしたが、ステンレスモデルが6桁リファレンスとなった2007年に色付きベゼルモデルが消えたことから注目され始め、相場が上昇したという経緯があります。

とはいえ、腕時計が全体的に高くなっていた2014年において16700は依然として40万円台前半で購入可能。

今となってはバーゲンプライスのように感じますが、当時としては高くなったという印象だったように思います。その後、16700の相場は値上がり状態が続いたため、結果として2014年の相場は安かったということになります。

2015年頃には60万円前後という相場まで上昇。

しかし、その時点で値上がり傾向は収まり、16700は1年以上の間その相場付近で留まっていたのです。

2016年12月においては最終品番のA番ですら60万円台前半で入手可能。

その頃における16700の相場は最終品番のA番でも他の年式でも特に差がない状況でした。

けれども、今となってはそれに異変が起こり、最終品番のA番だけかなり高い相場であるのです。

冒頭のように、2017年夏過ぎから5桁リファレンスのGMTマスターシリーズが値上がりし、今では80万円台前半という相場まで上昇。

2016年の60万円台前半という相場から比べると、かなり高くなったという印象となりますが、16700のA番はさらに凄いことになっているのです。

ロレックスGMTマスターA番青赤ベゼル16700の価格比較

時計名 状態 2017年8月の安値(楽天) 期間 2017年12月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
GMTマスター
A番
青赤ベゼル
16700
中古 ¥734,000 0年 ¥1,099,440 365,440 149.79%
A番は100万円台に、GMTマスター…の次ページを見る>>
1 2
- PR -