腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2017年12月10日更新

1年で20万円程度の値上がり、GMTマスター1675

2017年夏過ぎから値上がり傾向のGMTマスターシリーズ。

特に値上がりが目立っていたのは5桁リファレンスの各SSモデルで、これまで大きな値動きを見せなかった16700も値上がりしています。

16700は2016年でも2012年頃と比べると既に「かなり高くなった」という印象でしたが、その相場は60万円前後という水準。

それが今では80万円台という相場まで上昇しているのです。

また、16700の最終品番であるA番は100万円以上という相場になっており、まさに「GMTマスター」の最終モデルとして評価されているという印象。

GMTマスター2は今でも現行ですが、『II』の付かない元祖GMTマスター1999年にシリーズ終了となっている希少モデルなのです。

そしてそのGMTマスターには当然4桁リファレンスモデルが存在。

4桁といえば、「アンティーク」と呼ばれる人気の世代ですが、その時代において『II』は存在していませんでした。

ですから、4桁時代のGMTマスターといえばこの1675なのです。

ちなみに1956年にデビューした初代の6542も4桁リファレンスですが、こちらは更に希少なモデルとして雲上という印象。

1675は、年式的にもオーソドックスな4桁リファレンスの特徴を有し、“フチ無し”文字盤プラスティック製風防の雰囲気がそれを彷彿とさせます。

後継モデルの16750の場合、後期モデルはフチあり仕様となり、相場が若干安い傾向。

対して1675は全てフチ無しのため、大きく安いモノが存在しないという傾向があります。

それは相場を見る際に分かりやすい要素となり、エクスプローラー1016などと比べて相場にばらつきがないという印象です。

例えば1016の場合、同じ時期に程度の良いものが90万円、怪しいモノが40万円台というようなことがあるなど相場把握が難しい傾向があります。

ですから、“同じ条件で比較”という重要性が高いのですが、それに対してGMTマスター1675は5桁リファレンスなどと分布が似ており、相場把握が容易です。

では、現在1675はどのようになっているかというと、2016年から約1年で20万円程度の値上がりとなっています。

ロレックスGMTマスター1675の価格比較

時計名 状態 2016年8月の安値(楽天) 期間 2017年12月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
GMTマスター
1675
中古 ¥937,440 1年
4ヶ月
¥1,153,000 215,560 122.99%
1年で20万円程度の値上がり、GMT…の次ページを見る>>
1 2
- PR -