腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2017年12月27日更新

コスパの高い、ブランパン ヴェルレ ウルトラスリム

腕時計には様々な価格帯がありますが、『金無垢+機械式』という内容だと100万円近くするイメージです。

とはいえ、『金無垢+機械式』という条件でも20万円台で売られるものも存在。ボーム&メルシエのハンプトンミレイスなどがその例に該当します。

それはそれで魅力的な存在なのですが、ハンプトンは元の定価が安かったということもあり20万円台ということに対して「驚く」という文脈にはなりません。

それに対して、雲上に近いブランドの機械式モデルが40万円台だったならば、驚くほど意外性があると感じます。

例えば、以前の記事でお伝えしたピンクゴールドのシャガールクルトは約45万円という価格でしたが、『マニュファクチュール+PG』という内容でその価格というのは今の時代においてインパクトのある価格です。

そして、同じようなインパクトがブランパンにも存在。

ブランパンはマニュファクチュールではありませんが、搭載するムーブメントがほぼ全てフレデリックピゲ。

当然、超高級ブランドという立ち位置で、スウォッチグループのフラッグシップをブレゲと共に担っている存在です。

フレデリックピゲ71を搭載するブランパンのヴェルレウルトラスリムは、ブレゲクラシックと同じ立ち位置と感じるモデルですが、なんと今40万円台で購入可能。

先日お伝えした、同じムーブメントを搭載するエナメル文字盤のブレゲが約120万円であるのに対し、半額以下という水準なのです。

ブランパンヴィルレウルトラスリムの価格比較

時計名 状態 2009年7月の安値(ヤフオク) 期間 2017年12月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ブランパン
ヴィルレ
ウルトラスリム
中古 ¥328,200 8年 ¥486,000 157,800 148.08%
コスパの高い、ブランパン ヴェルレ …の次ページを見る>>
1 2
- PR -