腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

1年で30万円上昇、ノーチラス3800/1A白文字盤

近頃デイトナだと白文字盤が高値傾向であるのに対し、ノーチラスの高値傾向は青文字盤という状況です。

現行モデルの5711/1Aで青文字盤が高いのはもちろん、以前のモデルである3800/1Aでも青文字盤が飛び抜けて高い相場となっています。

3800/1Aは、1982年にデビューしてから2005年頃まで生産された長寿モデルですが、白文字盤が5711/1Aよりも少なくレア感が強い印象です。

3800/1Aは90年代にローマンインデックスの黒文字盤が登場し、2000年前後はそれがメインという印象でした。

2000年代前半という時期において、ノーチラスという存在は今では想像もつかないほど地味なモデル。欲しいという人が少ないのはもちろん、ショーケースに飾られていることもほぼ見ないという状況でした。

新品で入手しようと思った場合は、おそらく取り寄せとなったでしょうし、稀に在庫を見かけても大半が黒文字盤だったのです。

また、その頃白文字盤は中古でも見かけることが少なく、3800/1Aが新品で生産されていた2000年代前半より、今のほうが中古を見かける頻度が高いぐらいです。

白文字盤のノーチラスという存在は、現在特別珍しいという印象はありませんが、本来はかなりレア要素を備えるモデルであるのです。

そんな、白文字盤の3800/1Aですが、2017年2月からほぼ1年という期間で30万円以上の値上がりとなっています。

3800/1Aが30万円以上の値上がりとなるという現象は、かつてからあることで珍しいことではありませんが、1年程度という期間は速いといえるかもしれません。

パテックフィリップノーチラス白文字盤3800/1A-011の相場比較

時計名 状態 2017年2月の安値(楽天) 所有期間 2018年1月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
ノーチラス
白文字盤
3800/1A-011
中古 ¥2,122,000 0年 ¥2,487,000 365,000 117.20%
1年で30万円上昇、ノーチラス380…の次ページを見る>>
1 2
- PR -