腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

WGバージョンという存在、ブルガリアルミニウムALW38G

ブルガリアルミニウムが登場したのは1998年ですが、2002年にはそのイエローゴールド版が出ています。

アルミニウムなのにイエローゴールド、というのはなんだか変な気もしますが、素材そのものではなくアルミニウム」というシリーズのYG版ということなのです。

実際、アルミニウムAL38Aという型番であるのに対し、YGはAL38Gという型番。型番だけではなく、プラスチック製の竜頭とチタン製の裏蓋という内容も共通しています。

アルミニウムシリーズの金無垢版という分かりづらい存在であるイエローゴールド版ですが、実はホワイトゴールドモデルやプラチナモデルも存在します。

プラチナモデルは99本限定のクロノグラフモデルで、その存在はとてもレア。

ホワイトゴールド版もプラチナに負けないぐらいレアな存在で、売られているのを見かけることが少ない存在です。

また、WGのアルミニウムはケースの仕上げがポリッシュで、文字盤もサンレイタイプとなっており、見た目的にも珍しい印象です。

そんなWG仕様のアルミニウムは、これまでYGよりも10万円程度高いという相場が当たり前でした。

しかし、現在売られているこのWGモデルは、特に問題がある個体というわけでもないのに、YGと同等かそれよりも安いぐらいの価格。

実際、2014年と比較すると10万円以上も値下がりしていることがわかります。

ブルガリアルミニウムALW38Gの価格比較

時計名 状態 2014年8月の安値(ヤフオク) 期間 2018年1月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ブルガリ
アルミニウム
ALW38G
中古 ¥458,000 3年 ¥344,700 -113,300 75.26%
WGバージョンという存在、ブルガリア…の次ページを見る>>
1 2
- PR -