腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

ほぼ変わらない、オーバーシーズクロノグラフ

第一世代のオーバーシーズは1996年から2004年頃まで製造されていたモデルです。

3針モデルが1996年に出たのに対し、クロノグラフが登場したのは1999年

3針モデルはラージでも37mm程度ですが、クロノグラフはさらに大きな40mmというサイズであり、クオーツモデルもありません。

そして、当時の新品実勢価格や中古価格は3針モデルとかけ離れており、3針の中で最も高い『ラージ+自動巻モデル』に対してクロノグラフは1.5倍程度高かったのです。

ロレックスブームを経て、パネライ&フランクミュラーが爆発的人気となった2002年頃、相変わらず三雲スポーツモデルは注目されていませんでした。

特にオーバーシーズとロイヤルオークは新品でも自動巻モデルが55万円程度で、パネライ&フランクミュラーに遜色ない価格だったのです。

それに対してアクアノートのブレスレットとオーバーシーズクロノグラフは80万円台だったため「高い」という印象でした。

オーバーシーズクロノグラフがアクアノートと同価格というのは今では考えられないことですが、当時の印象としては同じ価格であることに違和感がないぐらいオーバーシーズクロノグラフが高級な存在に見えていました

今ではアクアノートとオーバーシーズクロノグラフに価格差があるのは当たり前ですが、その価格差は随分あるという印象。

また、アクアノートは近頃値上がり傾向ですが、オーバーシーズクロノグラフは腕時計が全体的に安くなった2016年8月と今とでほぼ価格変化がなく、アクアノートの半額以下で購入可能なのです。

ヴァシュロンコンスタンタンオーバーシーズクロノグラフ49140/423A-8790の相場比較

時計名 状態 2016年8月の安値(楽天) 期間 2018年1月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ヴァシュロンコンスタンタン
オーバーシーズ
クロノグラフ
49140/423A-8790
中古 ¥987,800 1年 ¥998,950 11,150 101.13%
ほぼ変わらない、オーバーシーズクロノ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -