腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2018年1月14日更新

P番という存在はどうなったか、ロレックスデイトナ16520

16520は200万円前後という水準に達していますが、2016年11月頃までは約120万円でした。

とはいえその時期既に200万円前後という位置にいた16520があります。

それが「P番」という存在です。

P番の16520が高いというのは有名ですが、なぜ高いのかというとその理由は多々あります。

まず、スポーツロレックスには最終モデルが高くなる傾向があるため、16520の最終モデルであるP番は高いのです。

そして、16520の場合P番の2000年半ばに新型の116520へとバトンタッチされたため、16520と116520両者に「P番」が存在。2000年の一部期間しか16520のP番は生産されていないため、数が少なく高い要素となっているのです。

また、P番のデイトナには当時の最新要素が多々存在し、ルミノバ仕様の文字盤、ブレスレットの付け根部分“フラッシュフィット”の中央が一体型、バックルのロレックスロゴが小さいなどの特徴があります。

これらレア要素によってP番の16520は、10年以上前から「特に高い」という存在なのです。

さて、16520は2016年12月頃から急激な値上がり傾向となり、今では最も安い個体がかつてのP番と同水準となっています。

ということは、P番も当然高くなっているということになり、随分と高い価格帯に位置していそうだと感じます。

では現在確認できる最も安い個体がいくらなのかというと、約297万円という価格で、2016年10月から約100万円値上がりしています。

ロレックスデイトナP番白文字盤16520の価格比較

時計名 状態 2016年10月の安値(楽天) 期間 2018年1月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
デイトナ
P番
白文字盤
16520
中古 ¥1,918,000 1年 ¥2,974,320 1,056,320 155.07%
P番という存在はどうなったか、ロレッ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -