腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

1年で約10万円上昇、ロレックスデイトナ16523黒文字盤

2017年にかなりな値上がり傾向となったデイトナ16520。

16520は2000年まで生産されたエルプリメロ搭載のステンレスモデルですが、90年代後半から現在まで人気腕時計の代名詞的存在として君臨し続けています。

その一方で同時期に造られた16523は、本来ステンレスより高級なコンビモデルであるにもかかわらず、20年近くステンレスより安いという位置が当たり前。

とはいえ、相場全体が値動きすると16523もきちんと動き、例えば2012年と2013年以降では20万円程度高くなっています。

しかし、2017年の値動きでは16520が値上がりした一方で16523はほぼ変わらない状況が続いていたのです。

2017年はデイトナに限らず多くの腕時計が値上がりしましたが、最も先に値上がり傾向となったのがデイトナ16520。

16523は、高くなった16520と「コンビ」という差しかないという存在。ほぼ同じモデルでありながら、なかなか値動きしなかったというのは面白い現象だと感じます。

とはいえ、そんな16523は2017年12月になってからやっと値上がりを開始

それまで100万円前後だったのが、110万円台前半になっています。

そして今、そこから更に値上がり傾向で110万円後半に到達

そんな16523ですが、1年前と変わった点が他にも存在します。

それは、1年前まで黒文字盤が比較的高かったのに対し、今では16523の中で黒文字盤が安いという点。

16523が100万円前後だった2017年初頭、その価格帯に位置するのはシャンパン文字盤が中心で、黒文字盤となるとそれよりやや高く110万円近かったのです。

そんな黒文字盤が、今となっては16523のボトム価格になっているのですが、それでも1年で約10万円高くなっているというのが面白い現象だといえるでしょう。

ロレックスデイトナ黒文字盤16523の価格比較

時計名 状態 2017年1月の安値(楽天) 期間 2018年1月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
デイトナ
黒文字盤
16523
中古 ¥1,098,000 1年 ¥1,198,800 100,800 109.18%
1年で約10万円上昇、ロレックスデイ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -