腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

茶金に対する評価はいかに、GMTマスター2 16713

色付きベゼルGMTマスターシリーズの人気はとても高い状況が続いていますが、最近は凄まじい状況です。

特に青赤ベゼルの人気が高く、かつて不人気だったということが信じられないぐらい高くなっています。

また6桁現行モデルも相変わらず人気が高い状態で、116710BLNRは2013年のデビューから5年経った今でも新品定価より中古相場のほうが高い状況です。

GMTマスター2の色付きベゼルが最初に人気となったのは、2007年に生産終了となった際。

それまで“色付きベゼル”という要素は身近な存在だったのに、6桁世代からは一時的に廃止となったのです。

そして、2013年に黒青ベゼルがステンレスモデルに登場し、数年ぶりに色付きベゼルは復活。

しかし、長年GMTマスターのアイコン的存在である青赤ベゼルに関しては、2014年に復活したものの、ホワイトゴールドモデルのみへの設定であり、今でも孤高の存在という印象です。

青赤ベゼルという存在は、身近な存在だと人気が出ない反面、遠い存在であればあるほど人気が出る模様です。

そんなGMTマスター2の中で、2007年以降未だに復活していない色が今でも存在します。

それが茶金ベゼルなのですが、このモデルは5桁時代までコンビ以上にのみ設定された配色でした。

サブマリーナの青ベゼルに相当する色なのですが、青サブは途切れること無くモデルチェンジされ、2009年から6桁世代となっています。

しかし、コンビの茶金カラーだけは廃止されてから既に10年もの時が経過し、“遠い存在”という状況が今でも続いているのです。

ロレックスGMTマスター2ブラウン文字盤16713の価格比較

時計名 状態 2017年5月の安値(楽天) 期間 2018年1月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
GMTマスター2
ブラウン文字盤
16713
中古 ¥822,000 0年 ¥968,000 146,000 117.76%
茶金に対する評価はいかに、GMTマス…の次ページを見る>>
1 2
- PR -