腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2018年2月11日更新

隕石文字盤という価値、デイトナ116519

デイトナのメテオライト文字盤が登場したのは2003年のこと。

メテオライト、すなわち“隕石製文字盤のデイトナというキャラクター製はデビューした当初から高い注目度を浴びていました。

しかし、その際デイトナにはWGブレスレットモデルが存在しなかったため、登場したのは革ベルトの116519のみでした。

そして、その翌年ブレスレットモデルの116509が登場。以降はメテオライトのデイトナといえば116509という印象になったかと思います。

そのため、革ベルト版のメテオライト文字盤は、「隕石文字盤」という強い要素を備える割には値上がり高が低いというモデルだったのです。

とはいえ、“2012年頃と比較して値上がり高が低い”というのはWGのデイトナ全般にいえることで、革ベルトのメテオライトだけに限りません。

ではなぜ、WGモデルがそのような状況なのかというと、2013年のプラチナモデル登場が影響を及ぼしたといえます。

プラチナモデル(RGも)が出るまでWGは、最も高いデイトナという位置にいましたが、同じ系統の色でより豪華なプラチナが出たため、キャラクターがぼやけてしまったのです。

プラチナが存在しなかった2012年までは当時の基準において高かったWGですが、プラチナが登場した2013年以降はYGとの価格差が狭まっています。そのため値上がり高が低いのです。

けれども、メテオライト文字盤はWGにしか存在しません

そのため、メテオライトに関しては以前から評価されていても不思議ではなかったのですが、ブレスレット、革ベルト、どちらも近年まであまり値上がりしていない傾向だったのです。

そんなメテオライト文字盤のデイトナですが、2017年から変化が起こりました。

2017年6月時点でブレスレット版が急激な値上がりに転じ、2016年11月と比較して50万円以上高くなったのです。ただその際、革ベルト版はなぜか変化が無く、2017年9月でもその状況に変わりありませんでした。

しかし2018年の今、革ベルトのメテオライト文字盤にも変化が見え、2017年9月と比較して、なんと30万円以上も高くなっているのです。

ロレックスデイトナメテオライト文字盤116519の価格比較

時計名 状態 2017年9月の安値(楽天) 期間 2018年2月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
デイトナ
メテオライト文字盤
116519
中古 ¥1,980,000 0年 ¥2,298,000 318,000 116.06%
隕石文字盤という価値、デイトナ116…の次ページを見る>>
1 2
- PR -