腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

40mmパワリザは上級モデルという印象、パネライPAM00125

パネライのパワリザモデルは、A番=1998年の段階からありますが、当初は“変わり種モデル”という存在だったように思います。

今となっては、パワリザパネライというものに対して“変わり種感”を感じることはありませんが、それは2000年代半ばからという印象です。

98年に登場したパワリザモデルが第一世代であるのに対し、第二世代はいつ頃出たのかというと2001年のこと。

その際登場したPAM00090は今でも現行モデルとして存在しており、変わり種感がないモデルだといえるでしょう。

ですから、90番がパネライのパワリザという存在を『変わり種からメジャー』に変えた可能性があります。

しかし、90番が現行モデルとして存在していた2002年頃、プレミア価格になっていたルミノールベースの横で、本来ベースより高級なパワリザが10万円程度安く売られていたのです。つまり、この時期においてもパワリザは“変わり種モデル”だった可能性があります。

では、どのモデルがパワリザパネライをメジャーにするほどの人気を誇ったのか。

その答えこそ、40mmモデルにあるといえるでしょう。

40mmモデルにパワリザモデルが追加されたのは2002年のこと。その際登場したのが、

  • PAM00125(革ベルト)
  • PAM00126(ブレスレット)
  • の2つです。

    スモールセコンド、デイト、パワーリザーブインジケーターが左右非対称に配置された40mmの見た目は、90番を40mmサイズにしたようにも思いますが、当時の文脈ではそうではなかったのです。

    2000年代前半において40mmパネライという存在は、少し高級なパネライという印象でした。

    棲み分けとしては、原理主義的なモデルが手巻きの44mmで、少し高級感があって身近な存在が40mm、最高級がラジオミールという感じだったのです。

    44mmにも自動巻モデルはありましたが、それらと40mm自動巻との違いは「高級感」という要素です。

    40mmにはブレスレットモデルがあったり、ラジオミール並に高級なルミノールクロノがあったりなど高級という要素に近い存在。それに対して44mmの自動巻モデルは、手巻きモデルに対する“変わり種”や“遊び心”といった感じでカジュアルな印象だったのです。

    ですから、2002年に登場した40mmパワリザモデルは、デビューした当初から「上級モデル」として扱われていたように感じます。

    そのような中、2003年には40mmブレスレットをそのまま44mmにした印象のPAM00171が登場。この171番は126番の上級モデルと認識され、この時パワリザパネライは44mmでも変わり種ではないと認知された可能性があります。

    ですから、このPAM00125や126という存在があったからこそ、パワリザのパネライという存在は『変わり種からメジャー』となったともいえるのです。

    オフィチーネパネライルミノールマリーナPAM00125の価格比較

    時計名 状態 2012年5月の安値(ヤフオク) 期間 2018年2月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
    オフィチーネパネライ
    ルミノールマリーナ
    PAM00125
    中古 ¥386,400 5年 ¥537,840 151,440 139.19%
    40mmパワリザは上級モデルという印…の次ページを見る>>
    1 2
    - PR -