腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

やはりレアすぎるのか、ヴァシュロンコンスタンタンカレヒストリーク

2000年前後の時期において600本限定として製造されたヴァシュロンコンスタンタンのカレヒストリーク

ホワイトゴールドとイエローゴールド、ピンクゴールドがラインナップされていますが、最近見かけることが少なくなってきました。

出る頻度は1年に2、3回という程度なのですが、近頃はなぜかホワイトゴールドモデルが多い傾向があります。また、最も見かけないのはピンクゴールドモデルという印象があります。

このカレヒストリーク、ケース四隅に出っ張りがあり、暗にケースがもう一つあるかのような立体的な印象を与えています。

その立体的な印象は文字盤でも同様で、アプライドインデックスの周囲が1段低くなっているという点がその印象を与えています。さらにスモールセコンド部分がもう1段低くなっており、立体美を感じさせる珍しいデザインだと思います。

この独特さと限定モデルというレア感から、過去と比べて値上がりしていてもおかしくないカレヒストリーク

しかし、この時計は2009年9月時点において75万円という水準であり、2017年4月にかけて値上がりした額は13万円という水準。

そして、2018年2月現在でも2017年4月とほぼ同水準で、あまり値動きしない傾向のモデルであるのです。

ヴァシュロンコンスタンタンカレヒストリークWGの価格比較

時計名 状態 2017年4月の安値(楽天) 期間 2018年2月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ヴァシュロンコンスタンタン
カレヒストリーク
WG
中古 ¥880,000 0年 ¥864,000 -16,000 98.18%
やはりレアすぎるのか、ヴァシュロンコ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -