腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

110万円台になった、GMTマスター2 116710BLNR

2000年頃におけるプレミア価格の代名詞的存在といえば、エクスプローラー14270ですが、現代のそれといえばGMTマスター2116710BLNRです。

「塗り分けらたベゼル」という要素こそ、GMTマスターシリーズを象徴するモノですが、SSモデルが6桁リファレンスにモデルチェンジしたときに色付きベゼルは一時消滅。そして、約6年の時を経て色付きベゼルは116710BLNRに搭載されることで復活を遂げたのです。

2013年に復活するやいなや、この116710BLNRは人気モデルとなり、以来「プレミアの価格が当たり前」という状況を維持しています。

とはいえこの時計、2016年頃までは中古が90万円台という相場が当たり前。

5桁リファレンス時代のGMTマスター2の新品実勢価格が30万円台だったことを考慮すると、90万円台という額でもとても高いと感じました。

もっとも、5桁時代の16710は生産終了間際の2007年において、既に新品実勢価格が50万円台となっていたため、30万円台だった時計が一気に90万円台以上になったわけではありません。

とはいえ、6桁時代の116710LNは2012年頃における新品実勢価格が50万円前後

それを考慮すると、「中古でも90万円台」という相場は高く感じても仕方がありません。

しかし、今となってはその「90万円台」という額が安く感じてしまいます

なぜならこの116710BLNRは、現在110万円台という水準に達しているからです。(2018年3月8日時点)

ロレックスGMTマスター2116710BLNRの価格比較

時計名 状態 2017年10月の安値(楽天) 期間 2018年3月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
GMTマスター2
116710BLNR
中古 ¥1,090,000 0年 ¥1,123,200 33,200 103.05%
110万円台になった、GMTマスター…の次ページを見る>>
1 2
- PR -