腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2018年3月1日更新

かつての新品価格より高いが、パテックフィリップ5054G

パテックフィリップ5054は、ムーンフェイズ、スモールセコンド、パワーリザーブインジケーターが左右非対称に配置されたモデル。同時期に、これと同じ構成のモデルは他に2種類あり、モダンデザインな5055とブレスレットの5085が存在します。

今となっては左右非対称な見た目はノーチラスという印象ですが、ノーチラスが登場する2005年以前において、この構成は5054という印象が強かったように思います。

5054というモデルは、3兄弟の中で最も高級な位置づけとなっており、プラチナモデルが設定されたり、開閉式の裏蓋であるなど高級感を漂わせる内容となっています。

当時の新品実勢価格はステンレスの5085/1Aより高いのはもちろん、5055Gより5045Gのほうが30万円程度高いといった様子でした。

そして5054Gが新品で売られていた時代から10年以上経った今、いったい5054Gはどのような価格帯となっているのでしょうか。

現在の5054Gは、確認できる範囲で237万3840円から263万円という水準。ボトム価格との比較でも、2002年の新品実勢価格と比較して約45万円も高くなっているのです。

パテックフィリップコンプリケーション5054Gの価格比較

時計名 状態 2002年春頃の新品実勢価格(2社平均) 期間 2018年2月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
コンプリケーション
5054G
新品 ¥1,918,875 16年 ¥2,373,840 454,965 123.71%
かつての新品価格より高いが、パテック…の次ページを見る>>
1 2
- PR -