腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

ここ数年値下がり傾向な模様、ルミノールダイヤ文字盤PAM00130

パネライにとってダイヤ文字盤という存在は、とても希少価値の高いレアアイテムです。

ダイヤ文字盤仕様のパネライはいくつか存在しますが、それらのほぼ全てが限定モデルという特別枠。

新品でも中古でも実勢価格が高く、2000年代前半から「レアで高いパネライ」として認識されています。

その時期における豪華なパネライは、ラジオミールが中心でしたが、ダイヤ文字盤はルミノールにも存在。

どちらかというと、ダイヤ文字盤という存在は豪華なモデルでありながら、2000年代前半に豪華だったラジオミールよりも、ルミノールベースに対する印象のほうが強いのではないでしょうか。

そんなルミノールベースの有名なダイヤ文字盤仕様には2つのモデルが存在。

1つはバー部分がバケットダイヤ仕様のPAM00030で1998年から2005年頃までの製造。もう1つがこの記事に登場するPAM00130なのですが、PAM00030のバー部分をバケットでなくしたモデルにあたり、2002年に登場しました。

近年において、PAM00030よりPAM00130の個体数のほうが多く、なおかつ実勢価格もPAM00130のほうが安い水準です。

30番も130番も2005年頃まで製造されており、生産年数自体は30番のほうが長いのに130番のほうが多いというのは不思議な気もします。

オフィチーネパネライルミノールベースPAM00130の価格比較

時計名 状態 2016年9月の安値(楽天) 期間 2018年2月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オフィチーネパネライ
ルミノールベース
PAM00130
中古 ¥1,998,000 1年 ¥1,863,000 -135,000 93.24%
ここ数年値下がり傾向な模様、ルミノー…の次ページを見る>>
1 2
- PR -