腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

60万円を切った、エアキング116900

2016年のバーゼルで華々しくデビューしたエアキング。

同時に新型SSデイトナ116500LNと、新しいエクスプローラーという注目度の高いモデルが発表になったにもかかわらず、それらに負けないぐらいの話題を集めていたのは記憶に新しいと思います。

エアキングというシリーズにとって、新型の発表がこれほどまでに話題となるのは珍しく、初めての出来事といっても過言ではないでしょう。

従来のエアキングは、今のモデルでいうところのオイスターパーペチュアルに近い存在であり、ドレス系に属する廉価モデルというキャラクターでした。

廉価モデルといっても、それはそれで良さがあり、特に5桁リファレンスに対してはファンが多い様子です。

しかし、2007年にモデルチェンジをした際から、エアキングにはダイヤ文字盤WGベゼルという“高級要素を持つモデル”が登場し、キャラクターが分かりづらくなっていたのです。

そして2014年頃からエアキングは一時的に消滅。

沈黙を破って2016年に復活したモデルは、たった1種類の展開というエアキング史上初のラインアップ構成となりました。

  • エアキングのスポーツモデル化
  • ロレックスとしては珍しい文字盤デザイン
  • エクスプローラー、ミルガウスとの3兄弟な印象
  • などという要素から、2016年にデビューしたエアキング116900は人気モデルとなり、プレミア価格で売られるのが当たり前になったのです。

    また、ミルガウス以外のモデルとしては異例の耐磁ケースが採用されたという点も意外な要素としてプラスに作用していたように思います。

    エアキングは大人気といえる状態だったため、本来より高級なミルガウスやエクスプローラーより高いという状況が続いていました。

    特にミルガウスは、これら3つの中では最も高級なモデルであるのに、近年人気が無いことから中古相場は安め。1年ぐらい前までは、エアキングが60万円台中盤だとするならば、ミルガウスは50万円台前半という中古相場だったのです。

    そのような事情から、2017年において数多くのロレックスが値上がりしたのに対し、エアキング116900は値下がり傾向という様子でした。

    そして2018年の今においてもそれは変わらない模様で、ついに60万円を切るという水準になっています。

    ロレックスエアキング116900の価格比較

    時計名 状態 2017年9月の安値(楽天) 期間 2018年3月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
    ロレックス
    エアキング
    116900
    中古 ¥638,000 0年 ¥588,000 -50,000 92.16%
    60万円を切った、エアキング1169…の次ページを見る>>
    1 2
    - PR -