腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

70万円台になった、シードゥエラー 16600

シードゥエラーといえば、現在ディープシーや復活した赤シードの印象が強いかもしれません。

ディープシーが出る以前、5桁リファレンス時代のシードゥエラーは、ラインアップが16600のみというシンプルな構成だったのですが、その時代においても人気モデルであることに違いはありません。

とはいえその16600は、ディープシーなどと比べると随分安い中古相場。特に1年ほど前までは50万円台で購入可能だったのです。

シードゥエラー16600は、高い性能を誇るスポーツ系という要素から、ロレックスが全体的に安かった2010年前後という時期においても、相対的に高い水準に位置していました。

例えば、2011年6月でも39万6900円という水準だったのですが、同時期において青サブは30万円台後半に位置しました。

青サブはコンビモデルですから、今となっては16600より高いのはもちろん、2000年頃における新品実勢価格も頭一つ高いという存在。

ですから、16600ロレックスが全体的に安かった時期において、その時代の水準としては評価されていたモデルなのです。

しかし、数多くのロレックスが値上がりした2013年以降において16600はそこまで高くなるということはなく、スポーツロレックスとしてはあまり値上がりしていないモデルだったのです。

特に、1年少し前の2016年10月には50万円台前半という水準であり、2011年の水準でも2016年の水準でもミルガウス116400と同水準だったのです。

それが2017年、16600の価格はだんだんと高くなり、3月頃には50万円台後半、10月には60万円台となったのです。

そして2018年3月の今、依然として16600は値上がり傾向な模様であり、ついに70万円台という水準に達しています。

ロレックスシードゥエラー16600の価格比較

時計名 状態 2017年10月の安値(楽天) 期間 2018年3月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
シードゥエラー
16600
中古 ¥638,000 0年 ¥712,800 74,800 111.72%
70万円台になった、シードゥエラー …の次ページを見る>>
1 2
- PR -