腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

2015年より高くなった、アクアノート5167R

2000年代後半にデビューした第二世代から、ローズゴールドが金無垢モデルの標準となったアクアノート。

カラトラバやコンプリケーションなどは、ローズゴールドとイエローゴールドが同時にラインアップされているため、どちらを選ぶかは好み次第であり、それぞれの色合いに対して大きなレア感はありません。

しかし、パテックフィリップはスポーツ系となるとかつてはイエローゴールドが基本。また、第二世代のアクアノートが登場した時期までは、パテックフィリップだけでなくロレックスなど他ブランドでもスポーツ系にはイエローゴールドが標準という傾向がありました。

そのため、ローズゴールドのスポーツ系という5167Rは、デビューしてから高い注目度となっていた印象があります。

第一世代においては、ステンレスと特に変わりなかった文字盤もベルトも、ローズゴールドの第二世代からは「ブラウン」という専用色へと変化。

それら要素が混じり合い、5167Rはとても高い水準に位置する高級腕時計という印象です。

その通り、中古価格でもこの時計は300万円台という水準が当たり前。

そして、その水準でありながらもきちんと値上がり傾向という凄さもあるのです。

アクアノート5167Rは、現在380万円から394万6000円という水準ですから、現在は2017年8月から約35万円ほど上昇しているという様子。

しかし、実はこの時計2017年より2015年のほうが高い傾向だったのです。

パテックフィリップアクアノート5167R-001の価格比較

時計名 状態 2017年8月の安値(楽天) 期間 2018年3月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
アクアノート
5167R-001
中古 ¥3,447,600 0年 ¥3,800,000 352,400 110.22%
2015年より高くなった、アクアノー…の次ページを見る>>
1 2
- PR -