腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

相場観を掴む難易度が意外と高い、デイトジャスト16233シャンパン文字盤

ロレックス「高級腕時計」という言葉から思い浮かぶ時計こそ、このデイトジャスト16233というイメージがありますが、それは過去のことになりつつある様子です。

最近では、「ロレックスの人気モデルはスポーツ系」ということは多くの人に知られている様子ですが、かつてはスポーツロレックスを評価しているのは時計マニアなど一部の人に限るという傾向があったように思います。

2000年前後にロレックスブームが起こり、いくつかの新しい腕時計専門誌も登場。それらはコンビニでも流通しており、その登場以前よりも多くの人が高級腕時計という存在に興味を持ったのではないでしょうか。

そして、2000年代中盤において、この16233116233へとモデルチェンジされた際、ロレックスという言葉から連想される腕時計はデイトナ」などのスポーツモデルになっていたかと思います。

とはいえ、最もロレックスらしく、高級腕時計の代名詞的デザインであるデイトジャストの存在感がなくなったわけではありません。

確かに、中古市場ではコンビモデルである1623330万円台後半であるため、評価されていないようにも思います。

現在、30万円台後半というと5桁時代のロレックスにおいてはボトム価格に近い水準。コンビの上級モデルであるデイトジャストが、最も廉価だったエアキング1400010万円の価格差も無い状況です。

では、デイトジャスト16233が優秀でないのかというとそんなことはなく、2012年と比較して19万円の値上がりとなっています。

またそれだけでなく、デイトジャスト16233にはさらに「凄い」要素が存在します。

それは、取引されている数がとても多いという点です。

ロレックスデイトジャストシャンパン文字盤16233の価格比較

時計名 状態 2012年2月の安値(ヤフオク) 期間 2018年3月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
デイトジャスト
シャンパン文字盤
16233
中古 ¥198,000 6年 ¥388,000 190,000 195.96%
相場観を掴む難易度が意外と高い、デイ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -