腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

ロレジウムに負けじと値上がり傾向、ヨットマスター16623

ヨットマスターがデビューしたのは1992年ですが、当初金無垢モデルしか存在しなかったというのは有名です。

そして、1999年に『プラチナベゼルのSSモデル』というロレジウムが登場し、ヨットマスターの高級なイメージを踏襲した准ステンレスモデルが加わりました。

ではコンビはどうかというと、90年代後半の時点において既に存在していたのですが、その際あったのはボーイズまでのサイズ。

メンズサイズのコンビモデルが登場したのは2003年のことであり、ロレジウムの登場より4年も遅かったのです。

その頃よりコンビの16623はロレジウム16622より高いという相場が当たり前となっており、それが長年続いています。

ブレスレットまでコンビの16233と、ベゼルのみプラチナのロレジウムでは、価格が違うのが当たり前という印象もありますが、例えばデイトジャスト1623416233のように、YGコンビとWGベゼルでは大きく相場が違わないという例もあります。

またロレジウムのベゼルは「プラチナ」であるため、ブレスレットまでコンビの16623と相場差がそこまで大きくならなさそうだともいえます。

しかも、ロレジウム16622は昨年12月にお伝えしたように、70万円以上という相場になっており、最近値上がり傾向な模様。

そのため、1662216623の価格差は狭まりつつあるのかと思いきや、実は16233もロレジウムに負けじと値上がり傾向なのです。

ロレックスヨットマスターグレー文字盤16623の価格比較

時計名 状態 2017年5月の安値(楽天) 期間 2018年3月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
ヨットマスター
グレー文字盤
16623
中古 ¥894,240 0年 ¥956,700 62,460 106.98%
ロレジウムに負けじと値上がり傾向、ヨ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -