腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

回復傾向の模様だが、ロレックスデイトナ116509

デイトナ初のWGブレスレットモデルとして2004年にデビューした116509。

WGのデイトナ自体は1997年に登場していたのですが、それまで革ベルトモデルしか存在しませんでした。

ブレスレットのWGモデルという存在は、2000年代前半に人気のあったブルガリスポーツクロノなどでは存在していたため、この116509が出る以前から「なぜ存在しないのか」と疑問に思う人が多かったように思います。

ですから2004年に登場した際にはとても注目度が高く、実勢価格はYGより高いという傾向でした。そしてそれは2010年代前半まで続いてたのですが、ここ最近はYGと相場が変わらない状況になっているのです。

2017年6月の116509のボトム価格は238万円という水準だったのすが、これは2010年10月の218万円と比較して20万円の価格差ということになります。

YGのスポーツロレックスは、2010年と2017年との比較では100万円近く値上がりとなっているというモノも珍しくないため、“20万円の価格差”は評価されていないとも判断することができます。

そんなWGブレスレットモデルの116509ですが、2018年の今、2017年6月より高くなっている模様です。

ロレックスデイトナ黒文字盤116509の価格比較

時計名 状態 2017年6月の安値(楽天) 期間 2018年3月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
デイトナ
黒文字盤
116509
中古 ¥2,380,000 0年 ¥2,451,400 71,400 103.00%
回復傾向の模様だが、ロレックスデイト…の次ページを見る>>
1 2
- PR -