腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

新世代パネライの幕開け、ルミノールGMT PAM00233

パネライには「ルミノール1950」というシリーズがありますが、これはもともと1つのシリーズではありませんでした。

初登場は、2002年に限定モデルとして登場したPAM00127。PAM00127は47mmという大型ケースでしたが、その後2005年には44mmの限定モデルがルミノール1950という名称で登場しています。

では、いつ頃からルミノール1950がシリーズ化されたのかというと、それは2006年のことであるのです。

そしてその際、もう一つ重要なことがありました。

それは、パネライの通常モデルとして自社ムーブメントを初搭載したという点です。

「ルミノール1950」「自社ムーブメント」という2つの要素はまさに、新世代のパネライにおけるアイコン的存在であるのです。

そして、その幕開けとなったモデルこそ、このPAM00233です。

ちなみに、パネライの自社製ムーブメントは2005年に発表されていますが、その際登場したのはラジオミールの限定モデル。WGやプラチナといった素材であり、高級時代のラジオミールのキャラクターを踏襲したモデルという印象でした。

PAM00233は8日間のパワーリザーブとGMT機能を備えるモデルですが、2005年のWGモデルなどと同様、独特な形状のパワーリザーブインジケーターが印象的で、コンプリケーションモデルといった印象を与えています。

このような形状のパワーリザーブインジケーターは他のブランドでは見たことがなく、自社ムーブメントの良さを存分に生かしている仕掛けだと感じます。

8DAYS、すなわち8日間のパワーリザーブは、今日ではパネライの1つの個性として存在する要素ですが、最初にその機能を実現したのはPAM00233ではありません。

2004年に登場したPAM00190が初代8DAYSモデルなのですが、190番のムーブメントは自社製ではなくジャガールクルトベースとなっています。

JLC搭載パネライという存在は、今となってはレアですが、2006年代後半頃においては自社ムーブメントのPAM00233に高い注目が集まっており、2008年頃でもPAM00233は中古で100万円以上するといった存在でした。

それが、2016年の段階では60万円台後半にまで値下がり傾向となっており、ずいぶん買いやすくなっています。

そしてその時点から約1年半経った今、PAM00233はやや値上がり傾向となり70万円台になっています。

オフィチーネパネライルミノール1950PAM00233の価格比較

時計名 状態 2016年9月の安値(楽天) 期間 2018年3月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オフィチーネパネライ
ルミノール1950
PAM00233
中古 ¥669,600 1年 ¥705,000 35,400 105.29%
新世代パネライの幕開け、ルミノールG…の次ページを見る>>
1 2
- PR -