腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

イエローゴールドのパネライは希少、ルミノールマリーナPAM00140

2000年代前半におけるパネライの高級モデルといえばラジオミールであり、プラチナ製ケースやフレデリックピゲムーブメントモデルなど数多くの高級仕様が存在します。

その一方で、ルミノールにも数少ない高級仕様が存在し、ダイヤ文字盤のルミノールベースなどがその代表的なモデルだといえるでしょう。

そして、2002年に登場したPAM00140は「高級パネライ」においてとてもレアモデル。

その理由こそ、イエローゴールド製ケースが採用されているという点であり、これはパネライ全体としてもとても珍しい要素です。

かつてのラジオミールや、最近のモデルの一部など、パネライには高級モデルが存在しますが、それらにはイエローゴールドではなくPGやレッドゴールドが採用される傾向があります。

パネライのラインナップはステンレスが中心であるため、ピンクゴールドのモデルもかなりな少数派ですが、イエローゴールドは更に少ない傾向です。

そんな希少なイエローゴールド製パネライですが、この140番はオーソドックスなルミノールのデザインが採用されているというのが更にツボな点です。

自動巻ムーブメントの採用や、それに伴うデイト表示は、最もオーソドックスなPAM00001とはやや異なりますが、シンプルなデザインという方向性はPAM00001と同系統だといえるでしょう。

文字盤がカーボン仕様であったり、インデックス部分がアプライド仕様など差はありますが、SSに対するYGの豪華仕様という感覚です。

つまり、PAM00140はパネライの王道デザインを踏襲した高級仕様という珍しい存在です。

そんなPAM00140は、リーマンショック後の2009年においても140万円台という水準であり、かなり評価されている事がわかります。

これはダイヤ文字盤も同様であり、ルミノール系の高級モデルはリーマン後に安くならなかったという印象です。

しかし、PAM00140がダイヤ文字盤のPAM00130と異なるのは、過去と比べて高くなっているという点。

PAM00130は、ルミノールベースが20万円台で購入可能だった2011年において200万円台でしたが、2018年現在ではそれより安く、値下がり傾向となっています。

それに対して、YGのPAM00140は2009年と比べて値上がり傾向であるのです。

オフィチーネパネライルミノールマリーナPAM00140の価格比較

時計名 状態 2009年8月の安値(ヤフオク) 期間 2018年3月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オフィチーネパネライ
ルミノールマリーナ
PAM00140
中古 ¥1,470,000 8年 ¥1,715,000 245,000 116.67%
イエローゴールドのパネライは希少、ル…の次ページを見る>>
1 2
- PR -