腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2018年4月15日更新

116500LNデビュー後の116520相場変遷、ロレックスデイトナ

2013年のアベノミクス以降、ロレックスは値上がり傾向となりました。

そして、2013年より2014年のほうが高くなり、2013年以前の相場を知っている方にとっては「腕時計は全体的に高くなった」という印象になったと思います。

また、モデルによっては2014年頃から2016年上半期頃まで相場が変わらないということもあったため、「相場はなかなか変化しないのではないか」と考える人もいたかもしれません。

例えば、デイトナ116520は2015年や2016年頃、中古安値が110万円前後ということが多く、長らくそのぐらいの相場という印象がありました。

しかし2016年3月、バーゼルでステンレスの新型デイトナが発表されたことにより、その相場はガラッと変わるかと思われたのです。

けれども、バーゼルの発表直後にデイトナ116520の白文字盤は110万円前後から上昇するどころか、105万円という個体が出現。そして、それは5月でも同様だったのです。

それまでの事例では、新型が発表されたら旧モデルが高くなるという現象が起こっていましたが、116500LNが登場した際は逆の現象となったのです。

6月頃には110万円台に戻りましたが、結局2016年において116520は大きな価格変化を見せませんでした。

変化を見せたのは2017年になってからのことで、数ヶ月に一度というタイミングで徐々に高くなっていったのです。

最初は110万円台後半になったという変化でしたが、6月には130万円台となっており、2016年と比較して25万円程度の上昇となりました。

そしてその後も、数ヶ月に一度というタイミングで116520は徐々に高くなり、2018年の今現在(4月13日)では150万円台に到達しています。

ロレックスデイトナ白文字盤116520の価格比較

時計名 状態 2016年3月の安値(楽天) 期間 2018年4月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
デイトナ
白文字盤
116520
中古 ¥1,058,400 2年 ¥1,531,440 473,040 144.69%
116500LNデビュー後の1165…の次ページを見る>>
1 2
- PR -