腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

80万円台になった、ロレックス16613青サブ

「青サブ」といえば、コンビの青文字盤サブマリーナの通称として有名ですが、かつて程「青サブ」という名前を聞かなくなったように思います。

2000年前後のロレックスブームの際、サブマリーナには「青サブ」と「赤サブ」しかありませんでしたが、今では「緑サブ」が存在し、注目度の高さは「青サブ」より「緑サブ」のほうが遥かに上だといえるでしょう。

実際、5桁リファレンス同士の比較では「青サブ」より「緑サブ」のほうが高値となっています。

また、緑サブは2017年において中古相場が上昇し、10万円単位の目立った値動きとなりましたが、青サブは2016年との比較で6万円の上昇に留まっていました。

そのため、2017年10月の記事において「青サブはかつてほど目立たなくなったのか」と表現したのですが、2000年頃における「青サブ」という存在感を考慮すると、その感想になるのは仕方がありませんでした。

しかし、そんな16613の青サブは、2018年5月の今、2017年とは異なる様子となっているのです。

ロレックスサブマリーナ青文字盤16613の価格比較

時計名 状態 2017年10月の安値(楽天) 期間 2018年5月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
サブマリーナ
青文字盤
16613
中古 ¥758,000 0年 ¥869,800 111,800 114.75%
80万円台になった、ロレックス166…の次ページを見る>>
1 2
- PR -