腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2018年5月22日更新

4桁リファレンスの評価、ロレックスGMTマスター1675青赤ベゼル

4桁リファレンスのスポーツロレックスといえば、90年代から「アンティーク」と呼ばれ、中古価格がかつての新品定価を上回る存在という印象があります。

特に90年代において、デイトナとエクスプローラーは高値となっており、新品時の定価よりも中古相場が倍以上となっている様子は話題性が高かったように思います。

そんな4桁リファレンスのスポーツモデルですが、4桁が評価されていた90年代において評価されていなかったモデルが存在。

それが、GMTマスターの1675です。

当時は、今とは異なりGMTマスターシリーズ自体の新品実勢価格もスポーツモデルの中で下位に位置するという状況。

GMTマスターシリーズ自体の人気が無く、1675は20万円台で購入可能な「アンティーク」という存在だったのです。

そんな1675ですが、GMTマスターシリーズの人気が高い今においては、決して安いということはなく、5桁リファレンスよりも高い価格帯に位置。

現在、1675は110万円台後半という水準で、ステンレスのGMTマスターとしては6桁や5桁よりも高い状況です。

そんなGMTマスターの1675は、2016年の時点でそれ以前と比較して既に大きな上昇となっていました。

そして、それから2年近く経った2018年の今においては、さらに26万円ほど高くなっているのです。

ロレックスGMTマスター青赤ベゼル1675の価格比較

時計名 状態 2016年8月の安値(楽天) 期間 2018年5月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
GMTマスター
青赤ベゼル
1675
中古 ¥937,440 1年 ¥1,198,000 260,560 127.79%
4桁リファレンスの評価、ロレックスG…の次ページを見る>>
1 2
- PR -