腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

マニアックな存在は上昇傾向、パネライルミノールマリーナPAM00120

先日の記事において、近頃パネライのオーソドックスな44mmモデルは値下がりしているモデルがある一方、マニアックなモデルについては値下がりとなっているモデルが目立たない点に触れました。

今回の記事のPAM00120というモデルはマニアックな部類に入るのですが、まさにその事例の通り値下がりしていない存在。それどころか値上がり傾向です。

PAM00120というモデルは、40mmブレスレットの青文字盤モデルで、PAM00069の後継といったキャラクター。

PAM00069は当時の40mmブレスレットモデルで唯一オールサテン仕様となっていましたが、オールサテンが当時は不人気で2年で生産終了となりました。

そしてその後継として登場したのがこのPAM00120なのですが、50番や51番と同様にサテンとポリッシュのコンビ仕様となっている点が69番と異なります。

そんな120番という存在は4年の間生産され、その生産期間は69番より長いモデルです。

けれども、中古で売られる数は69番よりも少ない傾向があり、近年では69番より高値ということが多い印象です。

そんな120番ですが、いつから高いのかというと2012年において既に2017年とほぼ同水準となっているため、6年近く前から既に高かったことが分かります。

2018年において69番は50万円台となりましたが、以前の事例を参考にすると120番はそれよりも高い水準となっているはずです。

そしてそのとおり、PAM00120は現在50万円台後半という水準であり、この1年の間で10万円以上高くなっているのです。

オフィチーネパネライルミノールマリーナPAM00120の価格比較

時計名 状態 2017年2月の安値(楽天) 期間 2018年5月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
オフィチーネパネライ
ルミノールマリーナ
PAM00120
中古 ¥481,800 1年 ¥598,000 116,200 124.12%
マニアックな存在は上昇傾向、パネライ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -