腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

評価されている、ロレックスシードゥエラー1665

4桁リファレンスのスポーツモデルは、90年代後半のロレックスブームの頃から「アンティーク」と呼ばれ、それぞれの時期における現行モデルより高い相場が基本となっています。

ちなみに、90年代後半において「アンティーク」と呼ばれていたエクスプローラー1016や手巻きデイトナは、生産終了から10年程度しか経過していない状態。今では5桁リファレンスのGMTマスター2などが生産終了から10年以上経過していますが「アンティーク」とは呼ばれていません。

そんな「アンティーク」と呼ばれる4桁リファレンスのスポーツモデルですが、価格序列が現行品と異なるという事情が存在します。

以前の記事でも紹介しましたが、例えばサブマリーナの場合、現行モデルや5桁世代では基本的にノンデイトよりデイトのほうが高い中古相場となっています。

新品定価でもその序列ですから、ノンデイトよりデイトが高いというのは自然なことだといえます。

けれども、4桁リファレンスとなるとサブマリーナデイト1680よりノンデイトの5513(フチなし)や5512のほうが高いのです。

ただ、1680には「赤サブ」という存在があり、以前から圧倒的に評価されているという状況は変わりません。

つまり、サブマリーナデイトが一番安く、その次にノンデイトが高く、赤サブが最も高いという相関になっているのです(同じ年式の比較において)。

そのため、シードゥエラーという存在も、5桁リファレンスや現行世代ではサブマリーナノンデイトより高いものの、「デイト」表示があるため、サブマリーナノンデイトより安いかもしれないと思ってしまいます。

ちなみに、シードゥエラーの4桁リファレンスにも「赤シード」という存在があるため、サブマリーナ同様「赤」でないほうは評価されないということになっていても不思議ではありません。

しかし、シードゥエラーの4桁リファレンスはサブマリーナノンデイトより安いということはありません。

むしろ、4桁リファレンスの中では以前から評価されているエクスプローラー2などと同価格帯に位置していおり、「評価が高い」と表現できる水準です。

ロレックスシードゥエラー日本ロレックスOH明細書1665の価格比較

時計名 状態 2010年9月の安値(ヤフオク) 期間 2018年6月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
シードゥエラー
日本ロレックスOH明細書
1665
中古 ¥802,000 7年 ¥1,816,000 1,014,000 226.43%
評価されている、ロレックスシードゥエ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -