腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

3針より年次カレンダーが安い、パテックフィリップノーチラス5726/1A

年次カレンダーという画期的なモデルがデビューしたのは1996年のことですが、「グランドコンプリケーションでない永久カレンダー的な機能」、さらにそれをパテックフィリップが出した、ということに対して驚いた人は多かったのではないでしょうか。最初に年次カレンダーが出た際、その機能だけで大きなインパクトがあるため、多種多様なバリエーションが無いことは当然のように感じ、そのほぼ唯一という存在だった5035はとても注目度の高いモデルだったといえるでしょう。

それは、第一次腕時計ブームだった2000年前後という時代においても変わることなく、2000年代前半までは「年次カレンダー」といえば5035を指すという印象でした。

ただ2003年、そんな年次カレンダー異変が起こります。

ドイツの腕時計販売店であるWEMPEの125周年記念モデルとして5125が限定的に発売されたのですが、そのモデルは年次カレンダーとしては初となる「小窓カレンダー」というデザインを採用していたのです。

この小窓タイプのカレンダーとムーンフェイズの組み合わせといえば、グランドコンプリケーションの永久カレンダー3448などがありますが、5125はそれらモデルに影響を受けたといえるでしょう。

そして、2006年には通常ラインナップの年次カレンダーにも小窓タイプの5396が追加されました。

2006年といえば、既にノーチラスコンプリケーションモデルが存在していた時期ですが、この時期においてノーチラス年次カレンダーモデルは存在していませんでした。

2005年以前の約30年間は、ノーチラスには3針モデル(2針など含め)しかありませんでしたが、今となっては永久カレンダーモデルも存在し、コンプリケーションノーチラスはごく普通に存在するという印象があります。

そんなノーチラス年次カレンダーが追加されたのは2010年になってからで、その際5396にも新しいデザインの文字盤が採用されています。

その5396の文字盤デザインはWEMPEモデルを彷彿とするデザインで、比較的人気の高い存在だといえますが、ノーチラス年次カレンダーにも同じ趣旨のデザインが採用されています。

小窓タイプのカレンダー表示とムーンフェイズという要素が、ノーチラスのイメージそのままに追加された印象の5726/1Aノーチラス年次カレンダーというその内容は、夢のようなモデルというように感じた方もいるのではないでしょうか。

そんな5726/1Aは、“ノーチラス年次カレンダー”というだけあって、デビュー当初から新品実勢価格も高い水準ですし、中古相場も相対的に高い水準が当たり前という存在でした。

ちなみに、高いといっても2016年頃まで300万円台で中古が購入可能だったのですが、2017年には400万円台となっています。

そしてそれから1年経った2018年の今、さらに100万円以上の値上がりとなっており、中古でも500万円台という水準に達しています。

しかし、このモデルについて「値動きの優秀さ」をどう捉えるかは、考察し甲斐が点だといえます。

パテックフィリップノーチラス5726/1A-010の価格比較

時計名 状態 2017年6月の安値(楽天) 期間 2018年6月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
ノーチラス
5726/1A-010
中古 ¥4,224,000 1年 ¥5,388,000 1,164,000 127.56%
3針より年次カレンダーが安い、パテッ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -