腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

ロイヤルオークの値動きが活発気味、オーデマピゲ15400ST.OO.1220ST.02

ロレックスパテックフィリップをみると、2000年代後半に登場したモデルが現行モデルとなっている場合が目立ち、2005年前後に登場したモデルが現行世代といえるでしょう。

また、雲上スポーツモデルもその例に漏れない傾向があり、ノーチラス5711/1Aも、オーバーシーズの2世代目も、ロイヤルオーク15300もその時期に登場しています。

その時代のモデルの特徴は、ケースサイズが大型化されたという点で、ノーチラスはジャンボサイズが標準になり、ロイヤルオーク15300は39mmというサイズとなりました。

ただ、今となってはオーバーシーズは3世代目に交代し、ロイヤルオークには新しいモデルが登場。

新しい世代へとモデルチェンジすることは、そこまで複雑さを伴わないのですが、ロイヤルオークの場合は、3針に限っても複数のモデルが追加されたため、やや混乱するという印象もあります。

ロイヤルオークのラインナップが多い傾向は、1980年代から既にあることなのですが、最近は現行モデルのラインナップが過去よりさらに多い印象もあり、やはり「分かりづらい」という感想になります。

そして、3針(2針含む)の中古相場を上から高い順に並べても、

  • 39mmの15202ST.OO.1240ST.01エクストラシン
  • 39mmの15202ST(ジャンボ)
  • 41mmの15400
  • 39mmの15300
  • となり、『大きいサイズ=高い』とならないのが他のブランドと異なる点です。

    そのためか、ロイヤルオークジェラルドジェンタデザインかつ元祖雲上スポーツモデルという存在でありながら、値動きが活発でない傾向がありました。

    しかし、そのようなロイヤルオークにおいて、最近変わりつつある様子があるのです。

    それは、15400が比較的短期間で値動きしているという点です。

    オーデマピゲロイヤルオーク15400ST.OO.1220ST.02の価格比較

    時計名 状態 2018年1月の安値(楽天) 期間 2018年7月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
    オーデマピゲ
    ロイヤルオーク
    15400ST.OO.1220ST.02
    中古 ¥1,760,400 0年 ¥1,835,460 75,060 104.26%
    ロイヤルオークの値動きが活発気味、オ…の次ページを見る>>
    1 2
    - PR -