腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2018年7月3日更新

やっと評価された初代復刻モナコ、タグホイヤーCS2110

モナコは、現在タグホイヤーにおいて上級かつ時計マニア向けというキャラクター性を感じるシリーズだと思います。

近代的なモナコのシリーズは、元々カレラとともに、90年代後半において復刻版として登場しましたが、その後カレラがメジャーなモデルとなった一方で、モナコは現在でも90年代と同様のキャラクターを保っているようにも感じます。

そんなモナコの復活第一号は、5000本限定の復刻モデルとして1998年にデビュー。

カレラが1964年のモデルを忠実に再現した一方、モナコはクラシカルさを保ちながらも、スティーブマックイーンモデルのような青文字盤の採用はされませんでした。

ただ、そのデザインは忠実な復刻でないものの、シンプルでクラシカルで魅力的。当時は5000本限定ということもあり、カレラより高い中古相場となっていました。

1996年にカレラがデビューした際、カレラモナコと同様に限定モデルだったのですが、その後「限定」が解除。

モナコも同じく「限定」ではなくなったのですが、カレラとは異なり、通常版となった際、3つ目のタイプへとモデルチェンジしたのです。

ですから、復刻版として1998年に登場したCS21115000本しか無いということになります。

そのため、希少価値が高く高値になっていても不思議でないと感じたのですが、実は最近までそこまで高値でなかったのです。

この時計のキャラクターやかつての様子を考慮すると、CS211110万円台というのはかなり安いという印象になりますが、その価格でも「すぐに売れる」ということはありませんでした。

それが意味するのは、モナコのラインナップが2002年以降において増えたため、復刻初代モデルであるCS2111のキャラクターが目立たなくなり、半ば忘れられた存在だったのではないでしょうか。

しかし、そんなCS2111は2018年の今、なんと9万円以上の値上がりとなっているのです。

タグホイヤーモナコCS2111の価格比較

時計名 状態 2017年9月の安値(楽天) 期間 2018年7月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
タグホイヤー
モナコ
CS2111
中古 ¥194,400 0年 ¥289,440 95,040 148.89%
やっと評価された初代復刻モナコ、タグ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -