腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2018年7月10日更新

20万円台になった、タグホイヤーモナコCS2111

モナコが復刻モデルとしてデビューしたのは1998年のことですが、その際登場したCS2110は5000本の限定モデルでした。

そして、2000年に「限定数」が解除されたモデルとしてデビューしたのがCS2111という存在です。

限定モデルだったCS2110が2つ目のクロノグラフだったのに対し、CS2111は三つ目仕様

インダイヤルのデザインがシンプルかつ特徴的だったCS2110と異なり、CS2111はオーソドックスなデザインのインダイヤルとなっています。

このCS2111は、その後メジャーな存在としてラインナップされたモナコと大きく違わないという印象もあり、それほど注目される存在でないようにも感じます。

ただ、このCS2111が現行だった2000年頃においてこの時計は、珍しいという印象がありました。

その理由こそ、当時のタグホイヤーが今と異なり、ブレスレットモデルを基本とした防水腕時計をメインとしていた点。

それらラインナップの中で、革ベルトのモナコとカレラは明らかに違う存在に見えたのです。実際、「Classics」というシリーズとして、カタログの最後に掲載されているというような存在でした。

当初は特別感があったモナコですが、タグホイヤーがLVMH体制となった後は、カレラとともにメインモデルというキャラクター性を帯びてきました。

そのため、Classics時代に「ホイヤー」だったロゴも、「タグホイヤー」ロゴへと変更され、マニアックだったClassics時代からは一点して、マス向けとなったのです。

カレラについては、2002年から大きくキャラクターが変わったため、Classics時代のカレラは「違うモデル」という差が感じやすく、ここ1年ほどの間で評価されてきた傾向があります。

その一方で、モナコについてはメインキャラクターとなっても、Classics時代と大きく変わるということはありませんでした。

とはいっても、Classics時代のモナコにもよく見ると面白い点があり、実はカレラ並の濃い要素があるといえます。

そして、そのことが最近気づかれているのか、Classics時代のモナコにも価格変動の兆しがあります。

先日の記事でお伝えしたとおり、初代復刻モデルのCS2110は10万円近い値動きとなっています。

そして、そのCS2110の次モデルであるCS2111も値動きしており、約10ヶ月で3万円程度上昇しています。

そしてその結果、CS2111はこれまでの10万円台という水準から、20万円台という価格帯になったのです。

タグホイヤーモナコCS2111の価格比較

時計名 状態 2017年9月の安値(楽天) 期間 2018年7月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
タグホイヤー
モナコ
CS2111
中古 ¥194,400 0年 ¥228,000 33,600 117.28%
20万円台になった、タグホイヤーモナ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -