腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

【値下がり事例】ミルガウスは二度安くなった、116400黒文字盤暴落の歴史

大暴落といえば、2008年のリーマンショック時における116400GVの値下がりが凄いという印象がありますが、GVでないミルガウスの値下がりもなかなか凄い水準でした。

116400GVの場合、2008年の年始と年末で90万円以上の値下がりとなっていますが、116400の場合は2010年と比較するとより分かりやすいかと思います。

116400黒文字盤は、2007年にデビューした際、116400GVの次に高いという存在でした。

2008年1月における新品実勢価格は約102万円(3社平均)という水準。

ミルガウスの実勢価格が100万円以上というのは、今では考えられないことですし、ミルガウス以前にSSモデルで実勢価格が100万円を超えたのはデイトナぐらいしかありませんでした。

2018年の今となっては、カラーベゼルのサブマリーナやGMTマスター2の中古相場が100万円を大きく上回る水準であるため、“SSスポーツロレックスが100万円以上”ということに対して大きな驚きはありません。

けれども2007年において、SSスポーツロレックスが100万円以上ということは大きなインパクトがあったのです。

そんなミルガウスですが、翌年2008年の年末には116400黒文字盤の新品実勢価格が約48万円(3社平均)という水準になっており、実に半値程度となっていたのです。

当時において、SSモデルの新品実勢価格が100万円以上ということは大きなインパクトだったわけですが、それが一気に半額になってしまうというのは、より大きなインパクトとなったに違いありません。

そしてミルガウスの場合、2008年12月時点の新品実勢価格は、その後の水準よりまだ「まし」といえる状況であり、その後さらに安くなるという現象が起こったのです。

最近、数多くの腕時計で「高いと思っても、さらに高くなる」という現象がありますが、当時のミルガウスはその逆で、「安くなったと思ったら、更に安くなった」ということになっていたのです。

2008年12月に約48万円という新品実勢価格だった116400黒文字盤は、2010年9月にはなんと約38万円まで下落。

今となっては、116400黒文字盤が30万円台というのは「驚き」となりますが、これは中古の価格ではなく新品実勢価格です。

¥608,000〜¥1,863,000(2018年9月25日時点)

ロレックスミルガウス黒文字盤116400の値下がりケース

時計名 状態 2008年1月の新品実勢価格(3社平均) 期間 2010年9月の新品実勢価格(3社平均) 変動した額 残存価額
ロレックス
ミルガウス
黒文字盤
116400
新品 ¥1,026,000 2年 ¥385,867 -640,133 37.61%
【値下がり事例】ミルガウスは二度安く…の次ページを見る>>
1 2
- PR -