腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

70万円台回復、ヨットマスター16622

1999年にデビューしたヨットマスターロレジウムは、デビュー時において大変な注目を集め、一時はプレミア価格となりました。

ただ、デビューから2年後の2001年頃においては、既にプレミア価格といった状況は収まっており、新品実勢価格は定価よりやや安い水準となっていました。

また、2001年頃において16622の中古は60万円台後半という水準だったのですが、2003年頃においては50万円台となっていました。

その後16622は2007年頃にかけて再度高くなっていったのですが、2008年のリーマンショック後は、中古が40万円台となり、史上最安値水準となったのです。

そんな16622は、アベノミクス以降、相場が回復傾向となったものの、他のスポーツモデルと比べるとそこまで大きな値動きとはなりませんでした。

アベノミクス以前まで、16622より青サブ16613のほうが安いというのが常だったのですが、ここ数年の間は青サブのほうが高い相場となっています。

そんな16622という存在ですが、2017年12月には、中古のボトム価格が70万円台となり、史上最高値水準となったのです。

しかし、今年2018年の4月には、60万円台後半という水準に戻ってしまい、値下がり傾向となっていました。

16622は、以前からお伝えしているように、相場全体と比例するような値動きをし、相場が高いときは高く、安いときは安いという印象があります。

16622が安くなった4月において、腕時計相場は特に安くなっているという状況ではなく、依然として値上がり気味の傾向だったように思います。

そのような状況の中で16622が値下がり傾向となったのは興味深く、一時的に安くなっただけなのかどうかが気になるところでした。

そして、最近の状況はどうなっているかというと、16622は再度70万円台という水準に戻っています。

ロレックスヨットマスター16622の価格比較

時計名 状態 2018年4月の安値(楽天) 期間 2018年7月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
ヨットマスター
16622
中古 ¥678,000 0年 ¥730,000 52,000 107.67%
70万円台回復、ヨットマスター166…の次ページを見る>>
1 2
- PR -