腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

リーマン直後の新品実勢価格を上回った、116400GV黒文字盤

ミルガウス116400GVといえば、リーマンショック後に大暴落した後、そこまで目立った値動きがないというイメージがあり、なにかと常識破りな値動きをするモデルという印象があります。

116400GVは2007年のデビュー時から2008年にかけて、新品実勢価格が100万円以上という水準でした。それが、リーマンショック後に大暴落し、新品実勢価格が半値以下になってしまったのです。

以前の記事でもお伝えしましたが、2008年6月の新品5社平均値が約158万円だったのが、12月には約65万円という値になっています。

つまり、同じ2008年の間において100万円近くも値下がりしたということであり、約半年間で3分の1程度にまで下落したということになります。

そんな116400GVの中古はどのような状況だったかというと、リーマンショック後の中古は40万円台後半といった様子で、アベノミクス以降に50万円台になったといったところ。

例えば、全体的にロレックスが安かった2012年1月と、デイトナなどが目立って値上がりしていた2017年3月の中古相場を比較すると、その差は5万円未満だったのです。

つまりミルガウスは、リーマンショックによって一度大きな値下がりとなった後、2013年頃から他の時計が反発するなか、目立った値動きが無かったという特殊な存在だったといえます。

しかし、そんなミルガウス116400GVも2017年6月頃から相場に変化の兆しがあり、2018年の1月には中古ボトム価格が60万円以上となったのです。

それから約半年経った今、ミルガウス116400GVは、どのような状況となっているかというとう、なんと70万円台という水準に達しています。(2018年8月23日時点)

ロレックスミルガウス黒文字盤116400GVの価格比較

時計名 状態 2018年1月の安値(楽天) 期間 2018年8月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
ロレックス
ミルガウス
黒文字盤
116400GV
中古 ¥645,840 0年 ¥710,640 64,800 110.03%
リーマン直後の新品実勢価格を上回った…の次ページを見る>>
1 2
- PR -