腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

40万円台になった、ブルガリディアゴノAL38G

ブルガリは、多くのシリーズにイエローゴールド版を用意するという傾向があり、かつてエントリーモデルとして登場したソロテンポにすらK18モデルを用意していました。

そして、それはアルミニウムシリーズにおいても同様で、「アルミニウム」のYG版が存在するのです。

それこそ、2002年に「ディアゴノ」として登場したAL38Gという存在。

このモデルの登場とともに、それまで「スポーツ」という名称だったシリーズが、「ディアゴノ」へと変更になりました。

ただ、当時は「ディアゴノ」という名称は“スポーツロレックス”を示すようなモノとしては認識されておらず、“サブマリーナ”のように1つのモデルを示すモノと思われていたのです。

ですから、2000年代前半において「ディアゴノ」はこのAL38Gを示す名称と思われていたことがあったのです。

そのためか、アルミニウムのYG版というややマニアックな存在であるにもかかわらず、当時の高級腕時計の中では比較的知名度の高いモデルだったように思います。

そして、2000年代前半からこのAL38Gは中古が30万円台で購入可能だったため、

  • 知名度がそこそこある
  • スポーツモデルの
  • 金無垢バージョンが安い
  • ということでなかなか魅力的な存在だったといえます。

    そんなAL38Gは、腕時計相場全体が安いときには安く、高いときには高いという存在で、ヨットマスターロレジウム16622のように、比較的分かりやすい値動きをする傾向がありました。

    そのため、2016年までは記事化することが多かったのですが、2017年になってからはあまり大きな値動きがなかったのです。

    しかし、そんなAL38Gにおいて、今なかなかの変化が起きています。

    それは、中古が40万円台に達しているという点です。

    ブルガリアルミニウムAL38Gの価格比較

    時計名 状態 2016年12月の安値(楽天) 期間 2018年8月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
    ブルガリ
    アルミニウム
    AL38G
    中古 ¥361,800 1年 ¥449,280 87,480 124.18%
    40万円台になった、ブルガリディアゴ…の次ページを見る>>
    1 2
    - PR -