腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

さらにノーチラス現象、パテックフィリップ5711/1R

ノーチラスの“豪華版”を担う存在として伝統的に金無垢ブレスレットモデルが用意されてきましたが、現行世代におけるそれにはローズゴールドが初採用されました。

ローズゴールドのノーチラスは、厳密には3800の時代に極少数のモデルが製造されましたが、レギュラーモデルへの採用は初といえます。

また、文字盤は5711/1Aの青文字盤をローズゴールド版にしたという印象のエンボス茶色となっており、ノーチラスのイメージに忠実な色合いという印象。これは、ゴールデンエリプスの青文字盤3738/100Jに対する3738/100Rに近く、茶文字盤は“ローズゴールド専用の青文字盤的存在”というように感じます。

ですから、5711/1Rはローズゴールドという真新しさだけでなく、RGにマッチした専用文字盤という魅力があるといえるのです。

さて、そんなノーチラス5711/1Rですが、金無垢モデルということで、5711/1A-010300万円程度だった時代から、500万円以上という水準です。

ちなみに、2016年7月の時点では約515万円という水準だったのですが、その時代においてのそれは「十分高い」という額でした。実際当時の記事でも「割高と思えるのは確か」と表現しています。しかし、その後に「かつての事例を見る割高と思った時計が更に高くなる」と記載されており、それをノーチラス現象」と名付けています。

そして2017年12月の時点で、この5711/1R600万円台となり、2016年と比較して約86万円の値動きとなりました。ですから、まさに「ノーチラス現象」となったのです。

しかしそれから約8ヶ月経った今、なんと5711/1R700万円台という水準に達しているのです。

パテックフィリップノーチラス5711/1Rの価格比較

時計名 状態 2017年12月の安値(楽天) 期間 2018年8月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
ノーチラス
5711/1R
中古 ¥6,018,000 0年 ¥7,425,600 1,407,600 123.39%
さらにノーチラス現象、パテックフィリ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -