腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

生産終了となった、ゴールデンエリプス3738/100R-001

今年2018年のバーゼルで新作が発表されたゴールデンエリプスですが、そのモデルのデビューとともにこれまで存在していた3738/100が生産終了となりました。

3738/100は80年代から存在する模様ですが、2018年に生産終了となった3738/100は2005年頃にデビューした世代

2005年頃デビューといえば、ノーチラス5711/1AGMTマスター2の6桁世代がそうであるように、現行世代に当てはまる比較的新しい世代だといえます。

けれどもゴールデンエリプスは、そのシンプルな見た目から一見すると1960年代からほぼ変わっていないようにもみえるかもしれません。まして、3738/100の場合、80年代頃からリファレンス自体が変わっていないため“古いまま販売されていたモデル”というようにも感じる方がいても不思議ではないでしょう。

しかし、この2005年頃デビューした3738/100という存在は、よく見ると以前のエリプスよりもきちんと新しく、近代的な香りがする時計だといえるのです。

2005年にデビューした3738/100には、YGとRGとWGがあるのですが、YG以外については新しい文字盤色が採用されたため、新作という印象。とはいえ、80年代から存在する青文字盤のYGについても、この際デビューした「-012」とそれ以前では雰囲気が違うと感じます。

具体的に変わった点は、バーインデックスの長さや、文字盤下のSWISS表記などの部分なのですが、この世代の3738/100は明らかに21世紀の香りがするのです。

ですから、この世代の3738/100という存在は、変わらないように感じる“古さ”と新文字盤の“新しさ”が混じり合い、かなり魅力的な世代と思います。

とはいえ、その内容はこのように紐解いてみないと理解し難いため、人気モデルといえない存在であるのは確か。

また、2005年世代のエリプスはかなり数が少ない傾向があり、特にWGとRGの中古は年に1度か2度ぐらいしか見かけません。

そして、筆者としては約1年ぶりにRGの3738/100R-001を見かけたのですが、昨年と比較してやや高くなっている状況です。

パテックフィリップゴールデンエリプス3738/100R-001の価格比較

時計名 状態 2017年7月の安値(楽天) 期間 2018年8月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
ゴールデンエリプス
3738/100R-001
中古 ¥1,611,000 1年 ¥1,730,000 119,000 107.39%
生産終了となった、ゴールデンエリプス…の次ページを見る>>
1 2
- PR -