腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」
2018年9月4日更新

50万円台になった、ホイヤーカレラCS3140

LVMH以前のタグホイヤー時代に企画されたClassicsシリーズ。

当時のタグホイヤーは、ブレスレットの防水時計をメインとしており、カレラモナコについては80年代頃にはすでに生産終了となっていた状況でした。

そのようなタグホイヤーにおいて、復刻版という形で限定販売されたのがClassicsシリーズの始まりであり、好評だったことから限定版という縛りが解除されたのです。

そんなClassicsシリーズの時代には、“手巻き+ラウンド”カレラと、“自動巻+角型”モナコがリリースされましたが、カレラにのみ金無垢の豪華版が存在しました。

当時の定価はステンレスが25万円(税別)だったのに対し、金無垢モデルは58万円(税別)と倍以上高い存在となっていました。

そして、その後の中古相場では、ステンレスが10万円台だった時期でも金無垢は30万円台後半という水準で、やはりClassics時代のカレラとしては高い水準だったのです。

しかし、それら価格帯はClassics時代のカレラの要素を考慮すると安いと判断できたのです。

この時代のカレラには、レマニア製の手巻きムーブメントドーム型プラ風防など腕時計好きから評価されそうな要素が存在。

その内容からして、ステンレスの10万円台や、YGの30万円台はかなり安かったと評価できるかと思います。

例えば、30万円台で購入可能なYGモデルは限られていますが、機械式クロノグラフではカレラCS3140の他には思い浮かびません。

YGの割に安いブルガリスポーツクロノでも、30万円台で購入可能なのはクオーツモデルです。

しかし、CS3140は2013年以降においてほぼ相場の変化がなく、30万円台後半で購入可能という状況が続いていました。

そんなCS3140に変化の兆しがあったのは2017年のことなのですが、その際どのようなことがあったのかというと、売り出される数が少なくなったという現象となっていたのです。

CS3140は2017年まで、常に売られているという様子でしたが、2017年4月頃からは売り出されている個体を見かけなくなったのです。

数ヶ月の期間を経て9月に再度売られている個体が登場しましたが、その際は相場の変化がありませんでした

その個体が売れた後、再度登場したCS314040万円台となりましたが、比較的早い段階で売れてしまった様子です。

そして今ではCS314050万円台後半となり、以前の30万円台という水準と比較してずいぶん高くなった様子であるのです。

タグホイヤーカレラCS3140の価格比較

時計名 状態 2017年9月の安値(楽天) 期間 2018年9月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
タグホイヤー
カレラ
CS3140
中古 ¥398,000 1年 ¥598,000 200,000 150.25%
50万円台になった、ホイヤーカレラC…の次ページを見る>>
1 2
- PR -