腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

オメガより高かったが、カルティエヴァンテアンオートスカフ

2001年頃において、メジャーという印象だった腕時計ブランドは、ロレックスオメガブルガリカルティエだったといえます。これらは当時、時計店でも目立つ場所に並べられていたり、郊外型ドンキホーテでも販売されていたりするなど、オーソドックスな選択肢といえました。

そして、新品実勢価格の観点での価格序列は、ロレックスカルティエブルガリオメガであり、デイトナなどプレミア価格のモノを除くと、宝飾系はロレックスと近い価格帯に位置していた印象です。

今ではカルティエブルガリの中古はロレックスより安い水準に位置するモノが多いため、比較対象という印象はないかもしません。

しかし、2001年頃においては、先のように価格帯が近かったため比較対象という印象でした。当時は、パシャCタンクフランセーズブルガリスポーツなどがロレックスと比較対象だったといえます。

けれども、そんな中でカルティエブルガリのラインナップには、一部オメガと比較対象となったモデルが存在。

それこそが、ブルガリアルミニウムカルティエヴァンテアンであり、宝飾系ならではの“優雅なカジュアルモデル”となっています。

このコンセプトは90年代にブルガリソロテンポアルミニウムで提案し、2000年にカルティエが追従。今となっては、いずれも生産終了となっていますが、当時は人気が高かったように思います。

そんな宝飾カジュアルモデルですが、ラバーベルトなどを積極採用したり、耐久性よりもデザインが優先される構造が用いられることがあったため、程度の良い個体は減少している傾向があるように感じます。

特に、ブルガリアルミニウムについては、その傾向が顕著といえ、程度の良い個体はあまり見かけません。

ただ、カルティエヴァンテアンについては、それより程度の良い個体は多い傾向があり、特にクロノグラフに多い印象です。

クロノグラフは、2008年頃における中古相場がロレックスエクスプローラーとほぼ変わらず、宝飾カジュアルの中では比較的相場が高いモデルでした。

そのため、比較的程度の良いモノが多い傾向があるといえます。

しかし、3針モデルについては、クロノグラフより安いことが目立ち、程度の良いモノが少ない傾向もあります。

ただ、程度の良いモノが少ないといっても、3年前から相場は変わらない様子があり、2000年頃においてこのヴァンテアンより安かったオメガよりも、現在では安い水準となっています。

カルティエヴァンテアンオートスカフW10147U2の価格比較

時計名 状態 2015年8月の安値(楽天) 期間 2018年9月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
カルティエ
ヴァンテアン
オートスカフ
W10147U2
中古 ¥89,800 3年 ¥89,800 0 100.00%
オメガより高かったが、カルティエヴァ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -