腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

この1年で目立った値動き、カラトラバ5296G-001

パテックフィリップといえば、ノーチラスアクアノートの値動きが目立っており、全体的に高くなっているという印象があるように感じます。

しかし、カラトラバのようにオーソドックスなモデルにおいては、ノーチラスなどと比べると値動きがずいぶん地味というモデルもあり、中にはあまり大きく値動きしないモノも存在します。

カラトラバは、パテックフィリップのオーソドックスなシリーズかつ、種類も多いため、値動きしづらいという傾向がるのは仕方がない部分があるともいえるかと思います。

けれども、そんなカラトラバの中で、この1年で目立った値動きとなったモデルが存在。

それが、5296G-001という存在です。

この5296の「-001」は見ての通り、シンプルとはいえないデザインで、パテックフィリップとしては珍しい方向性だと感じます。

ただ、このデザインは1930年代頃に存在したカラトラバが元となっており、単に“珍しいデザイン”というわけではなく、しっかりとした歴史を感じさせるのは、さすがパテックフィリップという印象です。

カラトラバには、手巻きモデルと自動巻モデルがあり、自動巻モデルの中にもスモールセコンドのモデルと、センターセコンドのモデルに分かれます。

近年では、自動巻センターセコンドの価格帯が最も高い傾向があり、手巻きは100万円以下といった価格帯が目立つのに対し、自動巻センターセコンドだと200万円近いモデルが目立ちます。

5296G-001はセンターセコンドの自動巻モデルですが、2017年8月の段階で約194万円という水準だったため、上記の例に漏れないという印象がありました。

しかし、そんな5296G-001は約1年という期間を経た今において、なんと30万円程度も高くなっていおり、220万円台という水準に達しているのです。

パテックフィリップカラトラバ5296G-001の価格比較

時計名 状態 2017年8月の安値(楽天) 期間 2018年9月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
パテックフィリップ
カラトラバ
5296G-001
中古 ¥1,941,840 1年 ¥2,250,000 308,160 115.87%
この1年で目立った値動き、カラトラバ…の次ページを見る>>
1 2
- PR -