腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

新グリッドは値下がり傾向、パシャ38mm W31059H3

カルティエパシャ38mmは、腕時計ブームだった2000年前後という時期において現行モデルとして存在していましたが、その価格帯は「高級」という部類に位置するといえます。

ただ、当時のカルティエには雲上のライバル的存在だったCPCPや、金無垢専用だったタンクアメリカンなどが存在するため、最高級というわけではありません。

とはいえ、その新品実勢価格は、最も安いステンレスの3針が40万円台中盤、クロノグラフに至っては60万円程度という水準で、当時のフランクミュラーカサブランカ並の価格帯に位置していました。

その時期、ロレックスのSSモデルはデイトナを除くと新品30万円台という水準が主で、最も高かったエクスプローラーの実勢価格でも40万円台中盤でした。また、雲上スポーツは、ロイヤルオークオーバーシーズ50万円程度アクアノート80万円台という新品実勢価格だったため、カサブランカパシャ38mmのクロノグラフは「雲上スポーツと同等かやや安い」という価格帯に位置していたことになります。

2000年頃のパシャ38mmには、3針、3針グリッド、パワリザGMT、クロノグラフがありましたが、2001年には「黒文字盤+プラチナベゼル」仕様のN950が登場。

そして、2002年頃には3針グリッドの形状が立体感のあるものに変更され、型番も新たなものとなったのです。

その時期、パシャ38mmは人気の高い様子で、特に新グリッドやN950が目立っていたように感じます。

リーマンショック後に、パシャ38mmの中古相場は下落し、3針モデルが20万円台前半という水準になり、2010年代になっても回復していない傾向がありますが、2010年代において、N950や新グリッドは大きく値下がりしていなかった印象です。

特に新グリッドに関しては、2017年には値上がり傾向となっており、値下がりとなっていた他のモデルと異なる印象でした。

パシャ38mmにおいて、クロノグラフやN950は2010年前後という時期より2017年のほうが安いという値動きがあった一方、新グリッドは値上がりとなっていたのです。

その時期、新グリッドは30万円台後半という水準で、より上級なクロノグラフより高い中古相場となっていたのです。

しかし、そんな新グリッドモデルは、2018年の今となっては6万円以上の値下がりとなっている様子。

ただ、値下がりとはいっても、相変わらずクロノグラフと同水準か高いぐらいの価格帯に位置し、パシャ38mmの中では評価されているといえる状況です。

カルティエパシャ38mmW31059H3の価格比較

時計名 状態 2017年11月の安値(楽天) 期間 2018年9月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
カルティエ
パシャ38mm
W31059H3
中古 ¥379,800 0年 ¥312,900 -66,900 82.39%
新グリッドは値下がり傾向、パシャ38…の次ページを見る>>
1 2
- PR -