腕時計投資新聞

腕時計の[買う・使う・売る]すべてを楽しむ専門サイト「腕時計投資ドットコム」

40万円台になっている、サントスガルベXL

今年、2018年のSIHHで、新しいサントスが発表されましたが、その見た目はまさにサントスガルベの後継モデルという印象です。

サントスガルベという存在は、80年代頃にコンビのクォーツモデルが流行ったという印象があり、その時代の中古流通量も多い傾向があります。

そのため、比較的古いモデルという印象もあるのですが、実は2006年頃にも新作が発表されています。

その存在こそ、サントスガルベXLという存在で、それまで最大サイズだったLMより大きなケースサイズとなっています。

ただ、XLといってもそのサイズは35mm。当時はすでに腕時計が大型化されていた時代ですが、その時代でも35mmだったのです。

サントスガルベはLMサイズでも30mm以下という大きさですから、XLはそれと比べるとずいぶん大きく、35mmという数値以上に大きい印象があります。

中古の相場については、以前からクォーツより高いのはもちろん、LMサイズより頭一つ高いという水準。

具体的には、クォーツが10万円台だとすると、LM自動巻が20万円前半だったならば、XLは30万円台という傾向がありました。

2016年においても、2017年においても実際このサントスガルベのXLサイズは30万円台という様子で、ほかのサントスガルベより高い水準だったのです。

しかし、そんなXLサイズは今、なんと40万円台という水準にまで上昇。

1年という期間で9万円ほど高くなっているのです。

カルティエサントスガルベW20098D6の価格比較

時計名 状態 2017年10月の安値(楽天) 期間 2018年10月の安値(楽天) 変動した額 残存価額
カルティエ
サントスガルベ
W20098D6
中古 ¥328,000 1年 ¥418,000 90,000 127.44%
40万円台になっている、サントスガル…の次ページを見る>>
1 2
- PR -